2013/12/18
お悩み:アンドゥオールを改善したい

*ご本人の許可を頂いた場合のみ掲載しております。

職業:会社員 松井美佐子さん (42歳:東京都在住) 
バレエ歴:8年
                 

<ご相談内容>
■ アンドゥオールがイマイチ理解できていない
■ ピルエット時、へっぴり腰になる

「検査」
2週間に1回のペースでご来店される松井様は、
主にアンドゥオール可動域の改善、
そしてピルエット時に「へっぴり腰」になる!
とのご相談でご来院されました。
アンドゥオール可動域を測定する検査では、

■ 左・股関節外旋筋の短縮(硬化)
■ 股関節を開く時ブレーキ役になる内旋筋の緊張

そして「へっぴり腰」の原因とも考えられる
股関節前面に緊張が認められました。

「施術」

1回目の施術時は、
それぞれ検査結果より、
外旋制限していた問題箇所を調整し
可動域改善を試みました。
しかしながら、
3回〜4回と施術回数を重ねていくにつれ、
なかなかスムーズに施術効果が現れなかったため、
上半身も調べてみたところ、
後頭下部から肩甲骨周辺にかけても、
強く周辺筋や靱帯に緊張が確認できました。
股関節の外旋は下半身のみならず、
上半身との協調性が何より大切ということを
今回は再認識し、施術に反映させて頂きました。
また、ピルエット時に「へっぴり腰」になる!
という問題は、股関節前面の筋肉が過度に短縮し、
その他、ハムストリングスの筋力不足も影響して
骨盤前傾が大きな原因だったと考えられます。
日ごろのケアでは、
レッスン前後に良く股関節前面を伸ばし、
少しでも骨盤をニュートラルな状態に保てれば、
問題は解決されると思われます。

※ 施術の効果には個人差があります。

施術1回目〜3回目までの改善例 →

施術4回目〜7回目までの改善例 →

施術8回目〜11回目の改善例 →

「施術を受けた松井さまの感想」

バレエ専門の整体が近くにあったらいいな・・・と
昔から思っていたのですが、
偶然こちらのHPを見つけ、
さっそく伺わせて頂きました。
大人から始めたこともあり悩みは多々、希望も多々です!
どこまで改善されるのか、
ワクワクしながら伺わせて頂きました。
骨格模型を使いながら説明をして頂き
とてもわかりやすく理解できました。
現状の私の身体から調整必要な箇所について
説明して頂き施術して頂けたのは、とても良かったです。
更に必要なストレッチも教えて頂きました。
翌日のレッスン時、
何も考えていなかったのですが・・・あれ???
脚があがりやすい!?と感じる事ができました。
今までと比べ高く上がったのかどうかわかりませんが、
とても脚を楽に動かすことができました。
せっかく出合ったバレエなので、
あきらめず欲深くこれからも色々と教えて頂きながら
調整をお願いできたらと思っております。


※お客様ご本人の感想です。施術の効果には個人差があります。


「代表からのコメント」

平日のお忙しい中、
いつもレッスン後のご来院をご苦労様です。
常にバレエ上達に貪欲な松井さまは、
非常にポテンシャルの高い方だと思いますので、
引き続き施術を行ないながら、
ご自宅でのケアも継続することで、
まだまだバレエは上達すると思います。
これからも「確かな知識」と「確かな調整」で、
バレエ上達のサポートをさせて頂きますので、
今後とも宜しくお願いいたします。
引き続き、上質で豊かなバレエライフをお楽しみくださいませ。





■ 個人情報保護方針 ■ 

お客様の要望に応じたサービス提供する上で個人情報を収集する場合は、収集目的を明らかにし、利用を行います。また、目的以外の範囲で利用する場合は、必ず本人の事前の許諾を得たうえで行います。
  • 一覧へ戻る
page top