2014/10/24
施術例の紹介:職業:ライター 佐々木美香さん(40代:東京都在住)

*ご本人の許可を頂いた場合のみ掲載しております。

職業:ライター 佐々木美香さん(40代:東京都在住) 
バレエ歴:20年

「施術コース」

全身調整+アンドゥオール調整
                
<ご相談内容>

股関節の開きが良くない(特に右脚)
リンバリングやグランバットマンの時、
脚を上げた時に痛みが出る!

施術&トレーニングに要した期間
2014年9月26日(金)〜2014年10月24日(金)まで


「検査」
股関節の外旋可動域↓

右脚:45度
左脚:55度
(股関節を曲げた状態で測定)

右脚は左脚に比べ
10度ほど可動域に制限を確認。

その他、

・仙腸関節の可動性不足
・ターンインに使う筋肉の短縮、
・股関節前面の筋短縮を確認


「施術」

全5回の施術では、

 仝坿慇疇盂粟筋の強化
◆‘眦抄據腸腰筋の伸縮性向上
 全身の協調性を獲得し踊りやすい身体に改善

主に上記3点を中心に施術を実行。

※ 施術の効果には個人差があります。

2014年9月26日:調整前 
右・股関節外旋可動域:45度

2014年9月26日:調整後 
右・股関節外旋可動域:55度

2014年10月03日:調整後 
右・股関節外旋可動域:63度

2014年10月10日:調整後 
右・股関節外旋可動域:66度

2014年10月17日:調整後 
右・股関節外旋可動域:67度

2014年10月24日:調整後 
右・股関節外旋可動域:75度





※ 施術の効果には個人差があり、成果を保証するものではありません。
大人の方で、
およそ週1回ペースの調整で
これだけ順調に可動域が改善する為には
整体やトレーニングのみならず、

当方でお伝えしたセルフケアも
ご自分で確実に行っていただく必要がございます。
佐々木さんの場合は、
とても熱心にセルフケアをして頂いたおかげで
計画通りに可動域が改善されました。


「調整を受けた佐々木さんのご感想」

※お客様ご本人の感想です。
施術・トレーニングの効果には個人差があります。


とにかくもう感動しすぎて
何から話したらいいのか・・・
20代でバレエを始めて今年でちょうど20年。
なかなか体が柔らかくならないし
限界なのかと思っていました。

5年目の頃、リンバリングをしていて、
右足お尻側の付け根を痛めてしまいました。
その痛みだけがずっと残っていて、
右足を大きく動かす時の抵抗になっていました。
もともと右はイン気味で、
痛みとともに改善が難しく動作の左右差が大きく、
軸もねじれてしまいました。
もう40代ですし、このまま一生
改善しないのかなとあきらめていたんです。

ここへ来るまでは・・・!!

私は金曜に施術を受け、
土〜火曜でほぼ毎日、
さらに木曜もレッスンを受けています。
初回、金曜にリヨータ先生の施術を受けて、
翌日土曜日。
痛かった右足がなんともありません!!
さらに翌日の日曜、おそるおそる
右足をリンバリングで上げてみたら・・・
やっぱり痛くない!!
ところが月曜になりましたら、
経験したことのない場所に筋肉痛が発生。
月曜はレッスンに行けなくなるほどでした。
今まで使えていなかった部分が
使えるようになったのでこんなことになったのですね。

この感動を大人のみなさまにもぜひ・・・v
というか紙面が足りません。メールします☆





筋肉痛は筋力を強化する過程で
起こる症状ですので、お伝えした
セルフケアを継続することで徐々に回復へ
向われると思われます。
踊りの中で活かせる可動域獲得の為には
ストレッチされた筋肉を
強化することが必須となりますので、
お伝えした3段階のアプローチより
しっかりとインナーマッスルを強化されて下さい。

また、リンバリング時に、
右脚のつけ根が痛む問題は
アンドゥオールに使うローカル筋の
筋力不足や、骨盤帯にある股関節・
仙腸関節・腰椎の機能低下も考えられますので、

・ウォームアップ
・レッスン
・クールダウン
・ご自宅でのケア

を含め、お伝えした調整の仕方で
毎日ケアして頂ければ、
問題は一つ一つ解決していくと思われます。


「来店データ」                       
来店回数:    全5回       
平均来店ペース: 週1回       
一回の調整時間: 60分前後 


■ 個人情報保護方針 ■ 

お客様の要望に応じたサービス提供する上で個人情報を収集する場合は、収集目的を明らかにし、利用を行います。また、目的以外の範囲で利用する場合は、必ず本人の事前の許諾を得たうえで行います。
  • 一覧へ戻る
page top