2015/03/26
第8回:アンドゥオール改善クラス講座 〜 平原バレエスタジオ

当センターでは2014年より
バレエダンサー支援事業活動の一環として、
全国のバレエ教室を対象に講師派遣型
アン・ドゥオール改善クラス講座を主催しております。

プロを目指す学生から大人まで
幅広い層の方にご利用をいただき、
上質で豊かなバレエライフの向上と、
健康増進を目的にサポート活動しております。


■ 過去に講座を行った主なバレエ教室 ■

オーロラバレエスタジオ (千葉県新松戸市)
小林恭バレエ団スクール (東京都北区)
内藤瑠美バレエスタジオ (東京都板橋区)
為久陽子バレエスタジオ (東京都江戸川区)
バレエ パドアンジュ  (東京都板橋区)
夢・バレエスクール   (大阪府堺市)
クミコプルミエールバレエ(東京都葛飾区)
                              

第8回目の今回は、
バレエ整体院あすかを開業して以来、
初めて同じ大田区内にある
バレエ教室へ講座を提供して参りました。

訪問したバレエ教室は、JR大森駅を
出てすぐの場所にある平原バレエスタジオ。

総参加者数は20名。

ほとんどが10代の
学生さんが中心の今回は、
過去7回程行ったクラスの反省点を踏まえ、
スタジオの平原先生とは
一か月ほど前より
入念な打ち合わせをして臨みました。


改善クラスの流れ、

1)アンドゥオールが出来ない5大要因
2)障害について
3)改善の為の正しいアプローチ法
4)可動域の測定方法
5)骨盤帯の調整
6)ターンアウトに使う筋肉のストレッチ
7)ターンインに使う筋肉のストレッチ
8)ターンアウトに使う筋肉のエクササイズ

そして最後に、
アンドゥオール改善のための
オリジナル☑チェックリストを、
参加者特典として全員へ
プレゼントさせて頂きました。

今回のクラス講座をきっかけに、
6月行われる発表会で最高のパフォーマンスを
発揮して頂くことを心より願っています。


”クラス講座を受けた生徒さんのご感想”

大田区在住:Y.Hさん(18歳・女性) 
ご職業: 学生 バレエ歴14年


特別悩みがあるということでは
なかったのですが、バレエが
少しでも上達できたらと思い受けました。

今までレッスンの時は単に
ターンアウトしなきゃと思っていただけで、
ここまでしっかりとターンアウトについて
考えストレッチするのは初めてだったので、
とても勉強になりました。
無理なターンアウトによるケガについても
詳しく説明してくださり、
プリントにも詳しく書いてくださっているので、
とても分かりやすかったです。
何より一番驚いたのは、
アンドゥオール改善のためのストレッチが
すごく沢山あることでした。
その中から自分に合ったストレッチで
綺麗に無理のないアンドゥオールができるよう
がんばりたいです。
新しい発見がたくさんあるクラスでした!!


大田区在住:R.Kさん(17歳・女性) 
ご職業: 学生 バレエ歴12年


ポアントで立った時、
アンドゥオールがうまく出来ないのと、
身体の重心が小指にいってしまうため
受講致しました。

家でも簡単に出来るストレッチは
とてもためになりました。
また、アンドゥオール改善ストレッチは
3種類紹介して頂いたので、
自分が一番効果がある!
と感じるのを見つけることができました。
ひとつひとつのストレッチに
どのような意味があるのかも細かく
説明して頂けたので、今どこを
伸ばしているのか等を意識しやすく、
充実感がありました。
今後の自分の体へのケアの意識が高まるクラスでした。


大田区在住:真野遥さん(16歳・女性) 
ご職業: 学生 バレエ歴12年


アンドゥオールの可動域が狭く、
足がキープできないため
クラスを受講致しました。
私は他の人よりアンドゥオールが出来ていないと
注意されることが多く、でも思い通りに
足が開かないので悩んでいました。

骨格的な問題で仕方ないのだろうかと
あきらめかけていたのですが、
メンテナンス不足や
筋力不足なども一つの原因で、
しっかりクールダウンをして
筋肉の正しいところを鍛えることによって
かなり改善されるということを知って安心しました。

今まで、気を付けているつもりでも
外側の筋肉をついつい使ってしまっていました。
そしてその後も良く伸ばしていなかったため、
そこの筋肉が固まっています。これから、
使った後はしっかり緊張している筋肉を
ストレッチして、教わった内側の筋肉や
インナーマッスルを鍛えるエクササイズをして
正しい筋肉を使って足をキープできるようになりたいです。


品川区在住:M.Wさん(13歳・女性) 
ご職業: 中学生 バレエ歴7年


悩みというよりは、
アンドゥオール改善
ということでぜひやってみたいと思い、
参加させていただきました。
アラベスクの時のアンドゥオールが
うまくできるようになりたいと思ったから。

なるほど!と思うことばかりで、
とても楽しかったです。
初めてで見たこともないエクササイズや
ストレッチでしたが、結構簡単なのに、
良く筋肉が伸びている感じがして驚きました。
特に腸腰筋のストレッチをした後、
すごく足が長くなった感じがしてビックリでした。
足も上げやすかったです。
今回教えて頂いたことは本当にためになりました。
これを生かしてレッスンしてゆきたいです。
ありがとうございました。


東京都在住:A.Oさん(17歳・女性) 
ご職業: 学生 バレエ歴8年


アン・ドゥオールを改善するために、
具体的にどんなことをすれば良いのか
分からなかったからこの講座を受講しました。

自分が現在、
どのくらい開くのかなどを
把握することが出来たので良かった。
また、各ストレッチで
具体的な説明があって
良く理解できました。その時、
自分は脚を下ろす時に音が鳴ってしまうのは、
大腿筋膜張の緊張が原因だという事が
わかりました。長年気にしていたので
原因が分かって良かったです。
今回のクラスはクールダウン時に
すべきストレッチが中心だったので、
ウォームアップ時に何をすべきか
具体的に教えて頂けたら嬉しいです。
今までクールダウンのストレッチをしていたので。





大田区在住:Y.Aさん(15歳・女性) 
ご職業: 学生 バレエ歴9年


自分のどの部分の筋肉が
硬化しているのか調べ、
知りたかったから、また、
足をより高く上げる方法を知りたかったから
この講座を受講いたしました。

私はただやみくもに身体を伸ばしたり
足を上げようとしていたので、
初めてアンドゥオールの
可動域について考えました。
ストレッチを行い、
いつもあまり意識していない筋肉を
伸ばしたり、骨盤の歪みを直していって
自分は深層外旋六筋が
硬化していることが分かりました。
これからはレッスン後や勉強をして
筋肉が疲れた時、
テレビを見ている時など、
自分の隙間時間を見つけて今日学んだ
ストレッチを行っていきたいと思います。
6月の初旬に発表会があるので、
あと3ヵ月弱継続的に行って発表会に
臨んでいきたいです。ありがとうございました。





大田区在住:T.Uさん(15歳・女性) 
ご職業: 高校生 バレエ歴9年


以前プレコンクールに出た際、
審査員の先生から
アンドゥオールができていない
という指摘を受けたため受講致しました。
先生が見本をみせながら
アンドゥオール改善の
ストレッチ方法をみせるだけでなく、
バレエを上達させる上で
大切なことなど細かなところまで
教えてくださりとても充実した
時間を過ごすことができました。
今回習ったことをこれから実践してみたいと思います。




「講師派遣クラス・過去の活動内容」

2014年03月21日・第1回開催
オーロラバレエスタジオ(千葉県新松戸市) 

2014年08月10日・第2回開催 
小林恭バレエ団バレエスクール(東京都北区) 

2014年10月18日・第3回開催  
内藤瑠美バレエスタジオ(東京都板橋区)

2014年10月28日・第4回開催  
為久陽子バレエスタジオ(東京都江戸川区)

2014年11月01日・第5回開催  
バレエスタジオ パドアンジュ(東京都板橋区)

2014年11月09日・第6回開催
夢・バレエスクール(大阪府堺市)

2015年01月30日・第7回開催
KUMIKO Premiere Ballet(東京都葛飾区)
  • 一覧へ戻る
page top